クレジットカード払いの複式帳簿の仕訳はどうする?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

クレジットカード払いの複式帳簿の仕訳はどうする?

 クレジットカードの支払い、確定申告の時にどうやって必要経費に仕分けしたらいいんだろう?

 クレジットカードの支払いは、実際の購入日などとはタイムラグがある。

 白色申告の場合は、実際に引き落とされた金額を引き落とされた日に必要経費としてあげてもいいんだけど、青色申告の複式帳簿の場合は、発生主義だ。

 

クレジットカードの支払いの原則の仕分け

購入日  経費科目  ××(円)  未払費用  ××(円)  
引き落とされた日  未払費用 ××(円)  預金  ××(円)


 とまあ、こんな形になる。

 

クレジットカードの支払い・こんなやり方も

1)

クレジットの締日 経費科目  ××(円)  未払費用  ××(円)  
引き落とされた日  未払費用 ××(円)  預金  ××(円)
 
毎月・毎年継続的に行えば継続性の原則により間違った仕訳にはならないらしい。

2)引き落とされた日に費用計上して、決算期末のみ未払費用を計上(期中現金主義・期末に発生主義に戻す)というやり方もあるらしい。

 

 うーん、どれが簡単なのかな。

 

 「期中現金主義・期末に発生主義に戻す」というやり方だと頭が混乱しそうだし。

 原則に従うか、クレジットカードの締め日と引き落とし日で仕訳するのが混乱のない方法かも。

 




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: クレジットカード  確定申告  青色申告  複式帳簿  仕訳 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: クレジットカード 確定申告 青色申告 複式帳簿 仕訳

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。