信用格付けと日本の格付け機関/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

信用格付けと日本の格付け機関

 国債でも社債でも、買うときに大事と言われているのは、信用格付け。

 信用格付けってどんなものなんだろう?

 

 

信用格付け

 格付機関(スタンダード&プアーズやムーディーズが有名)が発表している発行体の格付。
 倒産リスク・債務が払えなくなるリスクなどの基準となる。
 国・自治体・企業の成長性などではなく、あくまでも「財政上の安定性」を評価するもの。

 AAA~Dの格付けがあるが、AAAが一番信用度が高い。
 また、-を付けて表現することもある。
 例えばAAより、AA-の信用度は低いと言う評価をされる。
 BB以上を投資適格、B以下を投資不適格(投機的格付)と呼ぶ。

ムーディーズ
S&P
信用格付の評価

投資適格
健全性が高く、債務の履行(債券の償還等)に対して問題がないと判断される格付。なお、AAA(Aaa)が最も高く、下になるほどややその確実性(健全性)が低くなる。(投資適格債)

Aaa
AAA
最上位の格付け。債務履行の確実性が最も高い。
Aa
AA
債務履行の確実性は極めて高い。
A
A
債務履行の確実性は高い。
Baa
BBB
債務履行の確実性は高いが、将来確実とはいえない
Ba
BB
債務履行に当面問題はないが、将来確実とはいえない。

投資不適格
健全性にやや問題があると判断される。今後の債務の履行について問題がある。以下の格付企業が発行する債券を、ハイイールドボンド・ジャンクボンドと呼ぶ。

B
B
債務履行の確実性に問題があり、将来債務不履行(デフォルト)となる可能性がある。
Caa
CCC
現時点で不安定な要素があり、将来的に債務不履行(デフォルト)となる可能性がある。
Ca
CC
債務不履行(デフォルト)となる可能性が高い。
ギリシャ
C
C
債務不履行(デフォルト)となる可能性が極めて高い。
D
D
現時点で債務不履行(デフォルト)をおこしている。

 まあ、あくまでも格付け会社の評価で、ひとつの目安でしかないが。

 格付け会社が高評価している会社がつぶれないと言う確証は無い。

 過去の例としては、破綻寸前の企業が投資適格級格付を与えられていた例がある。

 

日本の信用格付け機関

日本では金融庁に登録を受けた格付会社は信用格付業者と呼ばれ、2012年5月現在、以下の7社。

・株式会社日本格付研究所(JCR)
・ムーディーズ・ジャパン株式会社(Moody's)
・ムーディーズSFジャパン株式会社(Moody's)
・スタンダード&プアーズ・レーティング・ジャパン株式会社(S&P)
・株式会社格付投資情報センター(R&I)
・フィッチ・レーティングス・ジャパン株式会社(Fitch)
・日本スタンダード&プアーズ株式会社(S&P)

 




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 信用格付け  格付け機関  債券 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 信用格付け 格付け機関 債券

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。