普通養子と特別養子の相続/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

普通養子と特別養子の相続

大カテゴリ:・社会保障で得しよう小カテゴリ:その他の法律・制度

 普通養子と特別養子の相続についてちょっと見てみよう。


普通養子と相続

普通養子の場合、実の親との親子関係は存続する。

 そのため、実の親の相続人にもなりうるし、養子先の相続人にもなりうる。

 が、普通養子の場合、法定相続人になることができる養子は、、実子がある場合には1人、実子がない場合には2人までとされている。

 

 ちなみに、養子が死亡した場合、養い親も実の親も、養子の財産の相続人となりうる。

 

 また、孫を養子にした場合、相続税が2割加算されるのだそうだ。


特別養子と相続税

特別養子の場合、実の親との親子関係は、養子縁組時点で消失する。

 このため、特別養子は、実の親の財産は相続できない。

 

 また、特別養子の場合は、実施と同様の扱いとなるので、相続税上の法定相続人としての人数制限がない。

 



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 養子  養子縁組  特別養子  普通養子  相続  相続税  法定相続人 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 養子 養子縁組 特別養子 普通養子 相続 相続税 法定相続人

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。