日雇い労働者の失業給付(日雇労働求職者給付金)/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

日雇い労働者の失業給付(日雇労働求職者給付金)

 日雇い労働者のための雇用保険制度、日雇い雇用保険制度の使い方の話をひとつ。

 ハローワークに日雇い雇用保険の加入手続きをしたら、日雇い手帳と言う物が発行される。


日雇い手帳の使い方

1、賃金を受け取る際、雇用保険印紙を貼ってもらう。
 この印紙が日雇い労働者の雇用保険の保険料。

2、仕事がなくなってしまった場合、ハローワークに日雇い手帳をもっていき、失業していることの認定をしてもらう。


日雇い労働者の失業給付(日雇労働求職者給付金)

 日雇い手帳を持っていれば、誰でも失業給付を受けることができるかと言うと、そういうわけでもない。

 働いていた日数などによっては、失業給付(日雇労働求職者給付金)を受ける資格が無いこともある。


 日雇い労働者の失業手当の認定には、普通給付と特別給付という2つの給付の仕方がある。

1、普通給付となる条件

 失業の日の属する月の前2月間に、その者について、印紙保険料が通算して26日分以上納付されていること。

2、特例給付となる条件

・継続する6ヶ月間に印紙保険料が各月11日分以上、かつ、通算して78日分以上納付されていること。
・継続する6ヶ月間のうち、後の5ヶ月間に普通給付を受けていないこと。
・継続する6ヶ月間の最後の月の翌月以降2ヶ月間に普通給付を受けていないこと。


日雇労働求職者給付金の認定方法

1、普通給付の日雇労働求職者給付金の認定方法

1、給付を受けるものの選択する公共職業安定所で認定手続きを行う。
2、毎日認定が行われ、実際の給付金についても、その日の分の給付金が支給される。


2、特例給付の日雇労働求職者給付金の認定方法

1、給付を受けるものの住所地を管轄する公共職業安定所で認定手続きが行われる。
2、支給の申出を行った日から数えて、4週間に1度ずつ認定が行われる。
3、24日分を限度に、給付金が支給される



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 日雇い    日雇い労働者  失業給付  失業手当 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 日雇い 日雇い労働者 失業給付 失業手当

人気サイトランキングへ

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。