交通事故にあったときの相談窓口/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

交通事故にあったときの相談窓口

 交通事故にあった場合の相談窓口はどこにあるか?
 弁護士などは、費用が高い。
 原則的に、無料相談を受け付けている公益法人も存在する。

 主なものとしては、『各都道府県、市区町村や交通安全協会』、『(社)日本損害保険協会の相談窓口』、『(財)交通事故紛争処理センターの相談窓口』、『日弁連交通事故相談センター』、『(財)自賠責保険、共済紛争処理機構


(社)日本損害保険協会の相談窓口

 大手の損害保険会社が会員となって設立され、損害保険全般に関する事業を行なう。
 主な相談窓口として以下の3つ。

1、そんがいほけん相談室
 自動車保険全般に関する、相談や苦情を受付け。
 協会の会員である保険会社に対する苦情があったときは、この相談室から、直接解決の依頼がされる。
 全国に10カ所の支部があり、平日に電話で、直接問合せができる。

2、自動車保険請求相談センター
任意の自動車保険や自賠責の内容、保険金請求手続きなどの相談を受付けています。各都道府県に1カ所づつ支部があり、平日に電話で、直接相談することができます。

上記の、そんがいほけん相談室と同様に、自動車保険会社に対する苦情があったときは、この相談センターから、解決の依頼がされます。

3、損害保険調停委員会
上記の、そんがいほけん相談室や自動車保険請求相談センターに相談しても、問題が解決しない場合に、相談者からの希望があれば、この委員会で調停を行なってくれます。
 原則として、相談から3カ月たっても解決されない場合は、この委員会に依頼。
 交通費や手続き費用以外は、無料。
 弁護士のアドバイスが必要なときは、実費がかかる。


(財)交通事故紛争処理センターの相談窓口

 事故の加害者や被害者と、直接面談して交通事故の和解のあっせんや、審査を行ないう。
 事故の当事者間で、賠償などの問題が解決しないときに、公正中立の立場で専門家が無料で行なってくれます。

 電話での相談は受付けておらず、事前に電話予約して、面談での相談。
 現在、全国に10カ所の支部があります。


日弁連交通事故相談センター

 専門の弁護士が、交通事故に関する示談のあっせん、審査や相談を無料で行なっている。
 相談については全国で140カ所、示談のあっせん、審査については30カ所以上の窓口があり。


(財)自賠責保険、共済紛争処理機構

 弁護士や医師が公正中立な立場で、自賠責保険や共済保険に関する、紛争の調停や審査を行なっている。
 主に、自動車保険会社や共済組合から提示された、保険金額や過失割合、後遺障害の等級に納得できないときに、その調停や審査をしてくれる。
 被害者と自動車保険会社、共済組合からの書類で審査が行なわれ、費用は原則として無料。
 審査結果には、強制力がある。


各都道府県の法律相談窓口

 各都道府県、市区町村や交通安全協会でも、自動車保険・交通事故の相談窓口が設けられている。


交通安全協会 日本損害保険協会 交通事故紛争処理センター 日弁連交通事故相談センター 自賠責保険、共済紛争処理機構



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 交通事故  相談窓口  補償  賠償  交通事故の相談  窓口 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 交通事故 相談窓口 補償 賠償 交通事故の相談 窓口

人気サイトランキングへ

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。