投資信託にかかる手数料/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

投資信託にかかる手数料

  投資信託にかかる手数料を考えてみよう。

投資信託の購入にかかる手数料は、主に信託報酬手数料と販売手数料・信託財産留保額の3つ。

1、信託報酬
 投資信託を設定・運用している会社に払う信託報酬手数料。
 投資信託の運用費の中から毎年一定金額が差し引かれる。

2、販売手数料(買い付け手数料)
 投資信託を販売する会社(証券会社・銀行)に払う手数料。
 各販売会社(銀行・証券会社)によって金額に差がある。

3、信託財産留保額
 投資信託を解約する際にかかる手数料。
 投資信託の途中解約に伴う手数料のことを指す。


ノーロード投資信託とは?

 ノーロードの投資信託と言うのは、『販売(買い付け)手数料が無料の投資信託』のこと。

 販売(買い付け)手数料は無料だが、信託報酬手数料は、ファンドによってさまざまなのでご注意。

 ちなみに、SBI証券のノーロード投資信託数は、355件。

 楽天証券は330件。 


 投資信託と言うのは、単位株の売買に比べると、手数料が高い。

 ここら辺が、投資信託のデメリット。

 この手数料の高さが、投資信託の利益を圧迫してしてしまうことが多い。

 でも、大きな資金を持ってない人にとっては、小額から、積み立て感覚で、できるのが投資信託のいいところ。

 できれば、販売手数料が低い証券会社を選んで、信託報酬や信託財産留保額の少ないファンド(投資信託)を購入するのが、一番無駄金?を使わずに済むと言うわけ。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 投資信託  ファンド  ノーロード  手数料  信託報酬  販売  買い付け 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 投資信託 ファンド ノーロード 手数料 信託報酬 販売 買い付け

人気サイトランキングへ

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。