インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託どちらを選ぶ?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託どちらを選ぶ?

   投資信託は、いろいろな商品や銘柄を条件によって組み合わせて、販売されているもの。

 運用の仕方によって、アクティブタイプの投資信託とインデックスタイプの投資信託という種類があるわけで。


アクティブタイプの投資信託とインデックスタイプの投資信託

1、プロが投資先を選んで運用する→アクティブタイプ
2、市場の指数に連動する→インデックスタイプ

 インデックスタイプの投資信託の代表といえば、日経平均株価に連動する投資信託。

 日経平均株価に連動して、投資信託の基準価格が変動していく。


 他にももちろんいろいろとあって、個別の国や商品の指数に連動して値動きするインデックスタイプの投資信託がたくさん出ている。
 市場に連動するように機械的に行れ、運用にかかる手数料も安く設定されている場合が多い。


インデックス型投資信託のメリット

 なんたって、値動きがわかりやすいのが一番のメリット。

 インデックス型投資信託の場合は、市場のインデックスに連動しているので、情報がわかりやすい。

 じぶんが投資した市場の指数(TVでも、ネットの証券会社の情報でもでてる)を見れば、大体の値動きがわかる。


 アクティブタイプの場合、ファンドを選定する人が失敗すると、投資家に見えないところで、損失が出たりする。

 これ、ものすごくいやじゃない?

 逆に、ファンドマネージャーの手腕によっては、利益が出ることもあるんだけど。


 でも、アクティブ投資の利益率は、インデックス投資の利益率にはかなわないって言う話もあるし。

 専門家でも高い利益を出す個々の商品や会社の組み合わせを見極めるのは難しいってことだと思う。


 管理人が投資信託を購入した最初のころは、アクティブ投資信託が主流だった。

 で、管理人も購入したことがあるのだが・・・。

 結果として、投資額ととんとんと言ったところ。

 と言うわけで、アクティブ投資信託には、辛口になってしまう。


 もちろん、大きな利益を出しているアクティブ投資信託もあるわけだから、問題は、アクティブ投資信託の内容を見極める選定力。

 アクティブ投資信託で利益を出そうと思ったら投資信託の中身を見極める能力が、購入する側に要求されると思う。


 しかし、高い手数料を払って、プロに任せるんだから、本来なら、インデックス型の投資信託より利益を出してほしいところ・・・。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: アクティブ  投資信託  インデックス  手数料  利益  プロ  指数  連動 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: アクティブ 投資信託 インデックス 手数料 利益 プロ 指数 連動

人気サイトランキングへ

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授

秘伝スパンモデル®は相場というモンスターをあなたの味方、友とすることに...

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。