同じ投資信託でも、証券会社や銀行によって販売手数料は違う/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

同じ投資信託でも、証券会社や銀行によって販売手数料は違う

  投資信託の内容は、同じファンド名であれば、どこも同じだが、販売手数料は、各証券会社によって違う。

 全部じゃないけど、ネット証券のほうが、実店舗のある証券会社のほうが販売手数料が安い場合が多い。


 ネット証券同士でも、投資信託の販売手数料の違いがあるのはちょっとびっくり。


 昨日、今まで使っていたネット証券とSBI証券の販売手数料を比べてみたら、小額購入の場合SBI証券の方が販売手数料が安かった。

 しばらく株式などから遠ざかっていたけど、オープン型の投資信託を小額ずつ始めてみようかな?と思っていたので、SBI証券に口座開設をすることにした。

 今なら、住信SBIネット銀行から SBI証券へ口座開設すると、キャッシュバックもあるし。


 ちなみに、楽天証券なども、投資信託の販売手数料は低めだそうだ。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 投資信託  金融機関  証券会社  銀行  販売手数料 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 投資信託 金融機関 証券会社 銀行 販売手数料

人気サイトランキングへ

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。