電験(電気主任技術者)は、中高年の求人も多い/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

電験(電気主任技術者)は、中高年の求人も多い

大カテゴリ:・お金のため方小カテゴリ:絶対役に立つ資格

 持っていて損の無い資格といえば、電気工事のできる資格。

 電気系の工事というのは、資格が無いと出来ない。

 だが、ひとつ取ると、免除項目が出来て、他の資格を取るのも楽。


 中高年の求人も比較的多いから、就職にも有利。


 筆記試験だけで、資格が取れるのが電験(電気主任技術者)。


 1種から3種まである国家資格だが、試験の受験資格が無い。


 学歴や実務経験も必要としない。


電験(電気主任技術者)のできる仕事

・第一種電気主任技術者免状 すべての電気工作物

・第二種電気主任技術者免状 170,000V未満の電気工作物

・第三種電気主任技術者免状 50,000V未満の電気工作物(出力5,000kW以上の発電所を除く)


 1種と2種は筆記と実技試験があるが、三種は筆記のみ。


 しかも、この電験を取ると、以下の資格の受講資格や受験資格を取ることが出来る。


電験(電気主任技術者)収得後にとることのできる関連資格

・弁理士(二次・選択科目免除) - 一種・二種
・技術士(一次・共通科目免除) - 一種・二種
・建築設備士(受験資格) - 実務経験2年必要、建築設備士の実務経験4年で一級建築士試験の受験も可能
・建築物環境衛生管理技術者(受講資格) - 一種・二種は実務経験1年、三種は実務経験2年
・第一種電気工事士(資格取得) - 免状交付後の実務経験5年で申請による取得可
・第一種・第二種電気工事士(筆記試験免除) - 試験による取得の場合
・認定電気工事従事者(受講資格)
・一級電気工事施工管理技士(受験資格) - 実務経験6年
・甲種消防設備士(受験資格、試験の一部免除)
・消防設備点検資格者(受講資格)
・職業訓練指導員 (送配電科) ・ 職業訓練指導員 (電気科)(受験資格)
・海上自衛隊技術海曹(受験資格) - 三種
・予備自衛官補技能公募部門(受験資格) - 一種、二種、三種


 第二種電気工事士 を取ると、一般家庭の電気工事が出来るので、電気関係の仕事をしていなくても日常生活で役に立つこと間違いない。

 もっとも、第二種電気工事士より、電験(電気主任技術者)の方が難しいって人もいる(というか、筆記試験は、電験(電気主任技術者)の方が格段に難しいらしい)。


 第二種電気工事士の試験は、実技があるので、現場の経験が無い人は、電験(電気主任技術者)の方が簡単という人もいる。


 電験(電気主任技術者)のばあい、科目ごと数年かけて、合格を目指すことも出来るらしい。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 電験  電気主任技術者    資格  中高年  求人 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 電験 電気主任技術者 資格 中高年 求人

人気サイトランキングへ

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電気工事士とは

◇電気工事士とは◇電気工事士とは、経済産業省管轄の国家資格で、住宅や店舗、工場などの電気工事を行う技術者の資格です。資格は第1種と第2種とに分かれていますが、これは対応できる工事の内容によるものです。第1種では、最大電力500キロワット未満の電気工事までを扱...

建築設備士とは

◇建築設備士とは◇建築設備士は、高度化し、より複雑化した建築設備の設計や工事監理に関して、整備に対して助言・指導することができる国家資格です。建築士が建築物の設備に関する設計や工事監理を行う際に、建築設備士の助言を仰いだ場合は、設計図書または工事監理報...

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。