青色申告に必要な帳簿・メインは『仕訳帳』と『総勘定元帳』/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

青色申告に必要な帳簿・メインは『仕訳帳』と『総勘定元帳』

  青色申告するのに、必要な帳簿は『仕訳帳』と『総勘定元帳』。

 『仕訳帳』と『総勘定元帳』は主要簿といわれている。

 貸借対照表の添付を確定申告のときにできれば、65万円の青色申告控除が受けられる。


 ちなみに、 貸借対照表の添付がないと10万円の控除しか受けることができない。


 他にも、補助帳簿と言われるものがたくさんあるが、最低限必要なのは『仕訳帳』と『総勘定元帳』の二つだ。


 市販のソフトなどは、『仕訳帳』と『総勘定元帳』以外に 現金出納帳、預金帳、売掛帳、経費帳、固定資産台帳・出金伝票が補助帖として備わっている場合が多い。



 ひとつの帳簿に入力すると、自動的に他の帳簿にデーターがリンクされるので、便利だ。

 ソフトには、それぞれ特徴があるようなので、無料体験版を試してみては?

「みんなの青色申告13」体験版はこちら
弥生 12 シリーズ 無料体験版
「わくわく青色申告2」無料体験版
ツカエル青色申告 2012無料体験版
アスクウェア ガッチリ節税 青色申告 2012

 ほとんど仕訳の知識は不要だと言うし。


 初期設定の問題で、仕事用のクレジットカード・通帳と自分で使うためのクレジットカードや通帳を分けておいたほうが楽だけど。


 一方、管理人が見つけた、無料ソフトは、基本的に『仕訳帳』と『総勘定元帳』+固定資産台帳がメイン。


  売掛金の管理をする売り掛け帖や現金出納帳・預金出納帖・売掛帳は銀行やクレジットカードのCSVファイルをダウンロードして、表計算ソフトで加工して作っている。


 いやさ、お金のやり取りは、全部銀行入金だし、光熱費などもクレジットカード引き落としだし。

 後は、ファイル代金とかの備品代金くらい。

 ファイル代金や備品代金もクレジットカードで支払いが多いんだけど、自分の分の買い物とごっちゃになってることがあるから、備品関係は別に記録しておかないとまずい。


 果たして、来年きちんと青色申告ができるかは不明。

 ま、1年目だし、白色申告の事業所得からの切り替えだし。


 うまくいかなくてもこれもまた勉強だ!



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 青色申告  複式帳簿  必要な  帳簿 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 青色申告 複式帳簿 必要な 帳簿

人気サイトランキングへ

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。