小額の副業収入も雑所得ではなく事業所得で確定申告したほうが得/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

小額の副業収入も雑所得ではなく事業所得で確定申告したほうが得

 今年は、給与所得と、不動産所得・事業所得・配当所得で確定申告を出した管理人。

 事業所得は、ネットで稼いだお金だ(ブログ広告.comとかレビューブログとかの)。

 たいした金額ではないのだが、雑所得ではなく、事業所得で出してみた。

 確定申告コーナーで収支内訳書と白色申告用紙を作って、税務署に持参したのだが、問題なく(配当所得は、チェックが入ったが)。

 そのまま、郵送。


 雑所得と事業所得の違いはどんなものか?


雑所得と事業所得の違い

・雑所得→一時的な収入。

・事業所得→継続した収入。


 ここまでは、よく聞く雑所得と事業所得の違いだが・・・。


 白色申告の場合、同じ収入を事業所得にして申告しても別に、面倒な手続きがあるわけではない。

 給与所得のある人でも、ちゃんと事業所得として認めてくれる。

 正直、アフィリエイトとかの収入も事業所得として出したほうが、税金上はうまみが大きいのじゃないかと思う。

 と言うか、給与所得をもらっている人は、事業所得で赤字分を出したほうが税金上はうまみが大きい。


雑所得と事業所得の税金上の違い

・雑所得
 雑所得でも、必要経費は認められる。
 雑所得同士の損益は通算できる。
 雑所得以外の所得との損益通算できない。


・事業所得

 損益が発生した場合、他の所得と損益通算できる。
 給与所得との損益通算もできる。

 
 管理人の場合、不動産所得は黒字だが事業所得は赤字なので、不動産所得の黒字分を事業所得の赤字分と損益通算。

 給与所得の人も、事業所得が赤字なら、給与所得と所得を通算することで、所得税の還付金が戻ってくる可能性がある。

 会社に副業がばれると困ると言う人は、住民税の徴収を『普通徴収』にすれば、給与部分は会社から、事業所得の分は自分で納めることができるので、ばれることも無い。

 



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 確定申告  雑所得  事業所得  所得  通算  損益 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 確定申告 雑所得 事業所得 所得 通算 損益

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。