都会の場合、国民年金受給者より、生保のほうが得!併用支給もできる/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

都会の場合、国民年金受給者より、生保のほうが得!併用支給もできる

 国民年金の満額支給の金額は、月額に換算すると約66000円。

 どこに住んでいようと、この金額で住居費・生活費・医療費全部含めて生活していかないと行かない。

 足りない分は、貯金を取り崩すなどで対応する。

 一方、生活保護の場合どうなるか?

 住んでいるところや世帯の人数によって違うけど、例として東京23区内、一人暮らしの場合で見てみる。


東京23区、一人暮らしの場合の生活保護

・生活支援一類(基本的な生活支援の金額)→32340円(年齢によって金額が違う)。

・生活支援2類(人数による加算)→43430円。

これだけで、75 770円。

・さらに、住宅支援(住宅扶助)がつくと、+53,700円。

 締めて、127 770円になる。

・さらに、色々と一時金などがつく。

・かてて加えて、税金、医療費・介護費用はただ。


 国民年金保険料を40年間納めて、税金も納めて、(住居費を無視しても)生活保護の方が支給が多い。

 矛盾してるなあ・・・。

 

 貯蓄があるひとは生活保護は受けられない。


国民年金を受給していても生活保護を受けることができる

 『貯蓄も底をついた』と言う国民年金受給者の人は、福祉事務所に生活保護の支給申請に行ったほうがお得。

・年金受給者でも、生活保護との差額は受け取ることができる。

・生活保護になれば、医療費・介護費用は自己負担がなくなる。

・税金もかからなくなる。

・住宅があれば、家の修理費が支給される。

生活保護の支給金額以上に得になることが多い。

 『持ち家があるから、生活保護が受けられない』なんてことは無いから、大丈夫。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 生活保護  国民年金  併用  支給額 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 生活保護 国民年金 併用 支給額

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。