カリスマ転職代理人のモデル/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

カリスマ転職代理人のモデル

大カテゴリ:小カテゴリ:日記

 どんなものでも、モデルになった人というのはいるもので、転職エージェント漫画、『エンゼルバンク』の“カリスマ転職代理人、海老沢康生”のモデルになったのが、海老原嗣生(エビハラツグオ)という人。

 この人の書いた本もある。

 内容は『マスコミ報道に踊らされるな』ってことかな。

 統計を元に、雇用の状態を分析したりしている。


雇用の常識「本当に見えるウソ」

はじめに 「派遣切り」が注目された本当の理由
第1章「日本型雇用崩壊」は大ウソである
検証1.終身雇用はぜんぜん崩壊してない
検証2.転職はちっとも一般化していない
検証3.若者の就労意識は30年前とおなじ
検証4.本当の成果主義なんて日本に存在しない
検証5.ニートはどこへに消えた

第2章 ニュースや新聞の「雇用特集」を信じるな
検証6. 企業は正社員を派遣社員に置き換えているわけではない
検証7. 正社員は減っていない
検証8. 女性を「戦力化」しても「女性管理職」は増えない
検証9. 少子高齢化でもホワイトカラーは不足しない
検証10 失業率と有効求人倍率のカラクリ

第3章 いまの政策はみんな的外れ
○雇用保険
○セーフティネット
○ワークシェアリング
○製造業における派遣禁止
おわりに 次世代にむけていま日本は何をすべきか       など  

 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 海老原嗣生(エビハラツグオ) 1964年生まれ。大手メーカーを経て、リクルートエイブリック(現リクルートエージェント)入社。事業企画や新規事業立上げに携わった後、リクルートワークス研究所へ出向、「Works」編集長に。2003年より、リクルートエイブリック(現リクルートエージェント)にて数々の新規事業企画と推進、人事制度設計等に携わる。専門は、人材マネジメント、経営マネジメント論など。2008年に、HRコンサルティング会社、ニッチモを立ち上げ、代表取締役に就任。同社発行の人事雑誌「HRmics」の編集長。リクルートエージェントソーシャルエグゼクティブ、リクルートワークス研究所特別編集委員も務める。人材育成学会理事。

 興味のある人は、ご一読を雇用の常識「本当に見えるウソ」

関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 仕事  お金  辞める  失業 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 仕事 お金 辞める 失業

人気サイトランキングへ

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。