学資保険の会社がつぶれたときには?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

学資保険の会社がつぶれたときには?

 学資保険の保険会社が破綻したら・・・。

 最近の社会情勢では、万が一のことが無いとは限らない。

 ましてや、学資保険は満期まで長いんだから。


 学資保険の保険会社が破綻したらどうなるか?

 契約は別の保険会社などに引き継がれる。

 「生命保険契約者保護機構」が責任準備金(将来の保険金などの支払を確実に行うために積立てられる金額)の90%まで保護してくれる。

 ただし、責任準備金の保護が90%だからと言って、積み立てた保険料・満期金の90%まで保護されるわけでは無いのが味噌。


 「予定利率」が何%だったかとか、満期までの期間などによって、同じ保険でもそれぞれ違ってきてしまう。



 最終的には、つぶれた後で無いと、どのくらい満期金がもらえるかはわからない。


 貯蓄型の商品ほど、この影響は大きい。


 と言うわけで、学資保険ですべての教育費を準備しておこうとするのは、リスクが大きくなる。


 保険だけでなく、銀行の定期預金など分散して用意しておいたほうが安心感があると思う。
 



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 子供  学費  保険  学資保険  つぶれる  破綻 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 子供 学費 保険 学資保険 つぶれる 破綻

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。