国債の仕組み/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

国債の仕組み

 復興国債を買いたいといっても、国債をはじめて買う人は、どうしたらいいかわからないかも・・・。


 国債の場合、1万円(利付国庫債券は最低購入額5万円)の国債を買うと、その国債は、購入した金融機関の預かりのような形になる。


 で、国債の口座管理料というものが生じるわけ。


 利子は、年2回、購入した人の手元に届く。


 金融機関の普通預金などの口座に利子分を受け取ることが大半かも。



 で、満期が来ると、買値の1万円が還ってくる。


 満期まで持てば、買値はそのまま戻ってくるので、少なくとも中途換金さえしなければ損することはない。


 要するに、元本・利子ともに保証されているローリスクな金融商品。



 しかも、国債なので、購入した金融機関が破綻しても、問題なく利子元本とも受け取ることができる。


 個人向け国債の場合(復興国債なども含めて)、3年と5年満期が固定金利、10年満期が変動金利。

 新窓販国債(利付国庫債券) は2年・5年・10年いずれも固定金利。


 個人向け国債の金利は、普通の国債(利付国庫債券)利回りから差し引かれて金利が決まっている。


 購入は、銀行・証券会社・郵貯銀行。

 郵貯銀行や証券会社では、口座管理料が無料。

 銀行の場合、口座管理料がかかるところもある。

 郵貯銀行では、国債を担保に総合口座から貸し付けもできる。


 個人向け国債と利付国庫債券どちらがとくかというと・・・。


 どちらも固定金利である5年ものなら、利付国庫債券を購入したほうが得。


 ただし、個人向け国債変動金利10年ものの場合は、変動金利で、最低金利が保証されていることもあり、インフレヘッジになるというのが売り。


 金利上昇場面なら、個人向け国債10年物のほうが、利付国庫債券10年物よりは得になる。


 で、次回は、個人向け国債と利付国庫債券の違いをもうちょっと詳しく・・・。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 国債  個人向け国債  復興国債  利付国庫債券  固定金利  変動金利 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 国債 個人向け国債 復興国債 利付国庫債券 固定金利 変動金利

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。