配偶者控除がとくか、扶養控除がとくか?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

配偶者控除がとくか、扶養控除がとくか?

   配偶者控除にするのと、扶養控除にするのと、どちらがとくか?


 例えば、Aさん(夫)・Bさん(妻)・Cさん(子供)の場合。


 妻に夫であるAさん・子供であるCさんどちらの収入から控除するのがお得かって話。


 まずは、配偶者控除と扶養控除を見比べてみる。



 Bさんが70歳未満の場合 夫婦は同居・子供も同居 夫婦は別居・子供(Cさん)は母であるBさんと同居  夫婦は同居・子供は別居  夫婦は別居・子供も別居 
A]さんの配偶者控除とした場合の控除額   38万円  38万円  38万円  38万円
Cさんの扶養家族にした場合の控除額   38万円  38万円  38万円  38万円


 Bさんが70歳以上の場合 夫婦は同居・子供も同居 夫婦は別居・子供(Cさん)は母であるBさんと同居  夫婦は同居・子供は別居  夫婦は別居・子供も別居 
A]さんの配偶者控除とした場合の控除額   48万円  48万円  48万円  48万円
Cさんの扶養家族にした場合の控除額   58万円  48万円  48万円  48万円


 控除額だけ見ると、70歳以上の人と同居している場合、配偶者控除より、扶養家族控除として、息子や娘の収入から控除したほうがお得なようだ。


 ただ、息子や娘に他に控除する項目がある場合などは、また別の話。


 ちょっとややこしいが、控除できる余地の大きいほうにつける(所得税をたくさん払っているほうで控除する)とお得になると思う。


 逆に、控除をつけたら、住民税などが非課税になる場合などは、いっそのこと、収入の少ないほうにつけて、非課税の特典を受けるという考え方も。


 年末調整の仕方によっては、所得税の還付金だけでなく、住民税などにも影響してくる。


 一番ばかばかしいのは、控除の枠を無駄にするケース。


 社会保険料や住民税・その他の控除後の所得が40万しかない夫の配偶者控除にすると、70歳以上だと8万円の控除枠が無駄になる。


 目いっぱい、控除の枠は利用しないと損。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 配偶者控除  扶養控除  所得税  住民税  控除額 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 配偶者控除 扶養控除 所得税 住民税 控除額

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。