冬の除湿機は、デシカントが向いている/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

冬の除湿機は、デシカントが向いている

 冬の新潟は、不便だ。


 外には、洗濯物は干せないし、部屋に干せば、湿気がたまる。


 布団から、壁から、床からしけっぽくなる。



 へたすりゃ、カビが生える。


 窓も開けられないし(雪が降って積もるしな)。


  家の部屋も、毎年困っている。



 除湿機がほしい。


 が、冬の除湿機は、気温が低い分コンプレッサー方式の除湿機では、あまり意味がないらしい。

 室温が25度未満だと除湿能力がだんだん落ちてくんだと。



 デシカント方式の除湿機が有効なのだそうだ。


 デシカント方式というのは、


 『乾燥剤で水分を取り除く方式で、冷媒(フロン)を使わずに除湿可能。ゼオライトに水分を吸着させ、吸着した水分は、ヒーターであたためられ熱交換器内を通り、冷やされて水滴に戻りタンクにたまり、乾燥した空気を本体から出す。』


 【長所】
・低温時での除湿力が大きいので冬場でも使うことができる。
(除湿能力としては1年を通して使える)
・コンプレッサーが無いので軽量コンパクトで静か

【短所】
・ヒーターを使う分消費電力が大きくなる。
・発熱量が多くなり部屋の温度が上がる。(室温上昇は3~8℃程度)

 

 別に、室温上昇はかまわないんだけどさ。



 手ごろな値段と大きさの、除湿機があればなあ・・・。



【店内全品10%OFF】&【レビューでポイント2倍】 デシカント方式 除湿乾燥機 除湿機 除湿器【...


本体サイズ 幅19.4cm(+脚部1.6cm)×奥行35.2×高さ45.8cm 重量約5.8kg 。

●消費電力:270-460W
●除湿可能面積の目安:木造7畳・プレハブ11畳・コンクリート造14畳まで
●1日あたりの除湿能力(50/60Hz):5.4L/5.6L
●衣類乾燥時間:約80分

 買うかなあ・・・。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 除湿  デシカント  除湿機  カビ  湿気 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 除湿 デシカント 除湿機 カビ 湿気

人気サイトランキングへ

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。