直管蛍光灯形LED灯は安定器を取り外して取り付けないと事故の原因になるらしい/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

直管蛍光灯形LED灯は安定器を取り外して取り付けないと事故の原因になるらしい

 最近流行のLED。


 電球型に加えて、蛍光灯(直管蛍光灯形)のLED灯も最近販売されている。



 管理人の住んでいる社宅の明かりは直管蛍光灯が多いので、この、直管蛍光灯形LED灯が、現在の器具にそのまま付けられないのかと思って調べてみた。


 しかし、どうも、この直管蛍光灯形LED、蛍光灯の器具にそのまま付けるのは、危険が高いようだ。



 直管蛍光灯形LED灯は、基本的には、蛍光灯の安定器をはずして(配線を変えて、LEDに直接つなげる)取り付ける。


 でも、安定器を取り外さないでも、はめ込むことはできるらしい。


 が、安定器をはずさないで、直管蛍光灯形LEDを付けると、高い電圧がかかって、加熱したり、電球が切れたりするんだと。


 商品によっては、そのまま、付けてOKなものとか、グローライトをはずすだけで装着できるような直管蛍光灯形LEDもあるらしい。


 この場合でも、安定器もはずしたほうが、節電にはなるんだと。


 安定器だけでも、3W程度電力は消費する・安定器がついたままだと、安定器の寿命が優先され、LEDの高寿命が生かされないのだそうだ。


 残念。



 『じゃあ、電球のソケットではどうなの』



 電球のソケットにつける、電球型のLEDの場合、ソケットそのものには、安定器がついていないんだそうで、大丈夫なんだそうだ。



 電球型蛍光灯の場合は、電球型蛍光灯本体に安定器がついているんだって。


 安定器の取り外しは、安定器 を取り外す作業は、電気工事業者又は電気工事士の資格が必要ということで、素人が取り外しちゃいけないことになってるらしい。



 工事費って、いくらくらいかかるのかねえ。


 社宅に、そんなにお金をかける気もしないし。


 とはいえ、管理人の場合、部屋にもともとついている蛍光灯は、ほとんど使ってないんだけど。


 ちなみに、現在賃貸に出しているマンションのほうは、どちらかというと、電球の比率が高い。


 昔は、そこが不満だったが、今にして思えば、借りている人の好みの証明が付けられる分、メリットになってるんじゃないかと思ったりして。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 直管蛍光灯  LED灯  事故  安定器  取り外す  節電 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 直管蛍光灯 LED灯 事故 安定器 取り外す 節電

人気サイトランキングへ

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。