労災は、パートでも労働者が1人でもいれば、加入しないといけないのだ/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

労災は、パートでも労働者が1人でもいれば、加入しないといけないのだ

 労働災害は労働者を一人でも使用する事業は加入しなければいけないことになっている公的保険。


 保険料は、事業者が全額負担。


 しかし、例外もある。


 

 労災適応の例外

・個人経営の農業

・水産業で労働者数5人未満

・個人経営の林業で労働者を常時には使用しない場合


 労働者の定義は『正社員のみならずパート、アルバイト等、使用されて賃金を支給される方すべて』



 だから、本来なら、ほとんどすべての会社が入らなければならない保険なのだが・・・。



 多分、はいってない会社も結構な数あるんじゃないかと思う。



 『正社員を雇わないのはともかく、パートもアルバイトも雇わずに、事業が成り立つわけが無い』と思うのだが。



 何しろ、日本は縦割り社会。


 事業認可も税金の納める場所も別々の管轄なので、『事業がなされている』って事業者が『労災に加入している』かどうかの把握は労働基準監督署でも用意ではないのではないかと思う。


 実は、管理人、労災にもほかの保険にも加入していない会社に勤めたことがある。


 もちろん、知っていて入ったわけではなく『試用期間が過ぎたら、保険に加入させる』といわれて入った。


 が、結局試用期間も3ヶ月過ぎても、『手続きを忘れた』と言われてずるずる富み加入のまま。



 この会社、後で聞いたところ、会社の社員誰も保険に入ってなかった。



 ・・・。



 でも、今は、労働災害保険に加入しているかどうか調べる方法がちゃんとある。


 ● 労働保険適用事業場検索(厚生労働省)というのがそれ。


 労災加入だけでなく、雇用保険の加入事業者かどうかも調べることができる。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 雇用保険  動労災害  加入事業者  検索 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 雇用保険 動労災害 加入事業者 検索

人気サイトランキングへ

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。