会社が解雇を認めないときには/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

会社が解雇を認めないときには

  会社が『クビ』『辞めてください』『明日から来なくていい』といったくせに、解雇予告手当ても払わない・解雇予告も行わないって場合、証拠がないと法律もなかなか相手にしてくれない。


 だれか、証明してくれる人がいれば良いけど、誰もかかわりたくないしね。


 クビといわれたらどうしたらいい?

1、『わかりました』とは絶対言わない。退職届は絶対書かない。

2、解雇理由を明らかにする(口頭ではなく、書面にしてもらうこと。日付も書いてもらうこと。)。

3、法律の専門家に相談すること(就業規則、解雇理由と日付を書いた書面をもって)。

4、残業時間などはメモにとっておくこと。 

5、会社とのやり取りは、録音しておくとよりベター。




 後は、弁護士さんなどの専門家の指示に従って、行動しよう。



 懲戒解雇らしきことを言われて『自己都合にしてあげるから』といわれても、退職届けは書かないこと。



 懲戒解雇でも、基本的には、解雇手当は受け取れるらしいよ。



 懲戒解雇の場合、労働基準法には「労働者の責めに帰すべき事由に基づいて解雇する場合」は解雇予告手当の支払義務がないという規定があるが、それについては労働基準監督署の認定を受けなければならないとの規定もあるそう(除外認定というそうだ)。


 この、除外認定、そう簡単にはでないそう。



 泣き寝入りするのは早い。



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 解雇  解雇予告  解雇予告手当て 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 解雇 解雇予告 解雇予告手当て

人気サイトランキングへ

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。