3月15日を過ぎたら、更正の請求か、修正申告/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

3月15日を過ぎたら、更正の請求か、修正申告

 確定申告の内容を間違えた!

 確定申告の内容を間違えたら、どうする?

 確定申告の申告期間内の場合は、再度、確定申告を提出する。

 E-Tax(電子申告)の場合、『後から出した確定申告書を正しいものとして扱う』という原則がある。

 税務署で提出する場合やかくて申告書の郵送を行う場合も同様。

 後から提出した確定申告書を正しいものとして扱う。

 ちなみに、電子申告の場合、1回目に提出した確定申告書でいったん還付金の計算がされ、後で出した確定申告書で、差額の生産がされる。

 

 確定申告の申告期間である『2月16日から3月15日まで(法定申告期限)』を過ぎて、確定申告書の誤りに気づいた場合、更正の請求か、修正申告というのを行う。

更正の請求

 税金を多く納めすぎている場合または、還付金の額が少なすぎる場合。

 法定申告期限から5年以内(平成23年12月2日より前に法定申告期限が到来する所得税については、更正の請求の請求期限は法定申告期限から1年以内)。
 平成23年12月2日より前に法定申告期限が到来する所得税で、更正の請求の期限を過ぎた課税期間について、増額更正ができる期間内(3年間)に「更正の申出書」の提出があれば、調査によりその内容を検討して、納めすぎの税金があると認められた場合には、減額の更正を行うこととなります 

 

修正申告

 納める税金が少な過ぎた場合や還付される税金が多過ぎた場合。

 税務署の調査を受けた後で修正申告をしたり、税務署から申告税額の更正を受けたりすると、新たに納める税金のほかに過少申告加算税がかかる。

 税務署の調査を受ける前に自主的に修正申告をすれば、過少申告加算税はかかりません 。

 

 現在、確定申告作成コーナーで修正申告・更正の請求のための書類作成、電子申告が可能。

 




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 確定申告  税金  お金  更正の請求  修正申告 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 確定申告 税金 お金 更正の請求 修正申告

人気サイトランキングへ

テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。