10畳より8畳のほうが広い?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

10畳より8畳のほうが広い?

  不動産のチラシを見ていると6畳(6帖)とか8畳(8帖)とかって、記載されていることがある。


 この広さ、同じ6帖でも、広さが違うことが・・・。


 畳って言うのは、畳の大きさのことだ。

 6帖といったら畳6枚分。


 ところが、同じ畳でも、1枚170cm×85cm(団地サイズ)、176cm×88cm(江戸間)、182cm×91cm(中京間)、191cm×95.5cm(京間)。


 これが枚数重なると、部屋の大きさには、大差が出ることになる。

 例えば、団地サイズの10帖間は14.45?、京間の8帖は14.5924?。


 なんと、8帖間のほうが10帖間より広いなんて現象が発生する。



 ちなみに、マンションの間取りは、団地サイズが多いが、ちょっと前のアパートの間取りは、江戸間があったりする。


 6帖とか、10帖とかとかいう数字に惑わされてはいけないってことさ。


 管理人が以前住んでいたアパートは、江戸間で『キッチンが4.5畳、居間8帖プラス、板の間1畳、押入れ1畳、物置0.5畳、ユニットバス』という間取りだった。


 他の紹介されたアパートマンションに比べると、えらく広く感じた覚えがある。


 



お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking

FC2ノウハウ
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 不動産  間取り   

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 不動産間取り

人気サイトランキングへ

テーマ : 一人暮らしを楽しむ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード