限度額適応認定書の非課税・低所得者?って、いったい?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

限度額適応認定書の非課税・低所得者?って、いったい?

  母が白内障の手術のために、入院することになった。

 病院へいろいろと出す書類があってさ、本人は『まだ、時間があるからあとで書く』とか言ってたんだけど、記入させてみたら、やっぱり、どこに何を書いていいかわかってなかった・・・。

 あの人の場合、昔から、そういう傾向があるんだよね。

 わかってないのに、大丈夫とか言っておいて、あとから、泣きついてくるってのが。


 ま、それはさておいて、もらった書類の中に『退院までに、限度額適応認定書を必ず提出してください』『標準負担額減額認定書を提出してください』って書いてあってさ・・・。


 限度額適応認定書は、70歳超えてるから、関係ないんだが・・・。


 『標準負担額減額認定書はもらえる可能性はあるよな』と思って、市役所に手続きに行った。


 持参するのは、申請者の身分証明書と世帯主の住所・生年月日と本人(この場合、母)の生年月日。


 我が家の場合、一緒に暮らしている家族はいても、国民健康保険を受けてるのは、父と母だけ。


 果たして、減額認定書はもらえるんだろうか?


 他に収入のある家族がいても、国民健康保険を使う家族は両親だけ・・・。


 で、結果は、ちゃんと、非課税・低所得者?って言うところに収まっていた。

 国民健康保険の『世帯』ってのは、要は、住民票上の世帯とは、違うくくり。


 国民健康保険で医療費を払うことになっている家族構成員のことを言うってこと。



 しかし、うちの両親は、共働きで、両方とも厚生年金を受けてるんだけど(ずっと、厚生年金じゃなかったかもしれない。でも、農業収入もあるはずなんだけど)、それでも、非課税世帯に引っかかるのね。


 どうもこの非課税・低所得者?という所得区分、はっきりしない。

 非課税・低所得者?ってのは、世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人。

 『後期高齢者医療制度で医療を受ける人の収入合計が、二人以上で520万円未満の場合、一人で383万円未満』の場合や『住民税課税所得145万円以上かつ収入383万円以上で同一世帯の70歳以上75歳未満の人を含めた収入合計が520万円未満』の人は申請で『一般』の所得区分になるらしいのだけど(これ以上が、実質的な『現役並み所得』ってことらしい)。


 はて?非課税・低所得者?と一般の間には、ずいぶんな幅があるじゃんか?

 いったい、非課税・低所得者?ってのは?


 結局のところ、市町村によって、基準(条例)が違うせいでどこにも、明記されていないらしい。

 うちの自治体なんかの場合、高齢者は結構な幅で、非課税・低所得者?に引っかかってるのかも。




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: お金  保険  年金  非課税  低所得者?  国民健康保険  所得区分 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: お金保険年金非課税低所得者?国民健康保険所得区分

人気サイトランキングへ

テーマ : 医療保険・生命保険
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード