憲法97条基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

憲法97条基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果

大カテゴリ:小カテゴリ:日記

 今日は憲法記念日である。

 最近では、憲法改正論がニュースになることも多い。

 特に第9条と集団的自衛権に関して。

 

 でも、今日は、憲法9条ではなく、憲法97条の話をしたい。

 

憲法97条と基本的人権 

 憲法97条は103条ある日本国憲法の中で、基本的人権の本質について規定するもの。

 憲法の条文をそのまま引用すると以下のようになる。

 『第九十七条この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。』

 

 でも、この憲法97条の条文、なんだか矛盾していると思わない?

 

 憲法97条で、基本的人権は人類の努力の成果であると表現されている。

 その一方で『(基本的人権は)現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。』とされている。

 

 おかしくない???

 努力の成果であるということは、過去には基本的人権が保護されていなかったってことだ。

 ここら辺はわかる。

 努力の成果であるから、大事な物だってのもわかる。

 

 けど、永久の権利って?

 

 まあ、努力の成果で得た大事な権利だから、憲法が続く限りは権利として守っていきましょう。

 位の意味かなあ。

 

 基本的人権に関しては、他にも11条とかもあって、憲法11条は「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。」というもの。

 この憲法11条と97条は内容が似ているということで97条はいらないって言う意見もある。

 GHQの押し付けだという意見もある。

 でも、やっぱり97条の『基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であり・・・・、過去幾多の試錬に堪へ・・・』っていう文面は、名言だと思うんだけど。

 むしろ、後半、『(基本的人権は)現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。』のほうに抵抗がある。

 「基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として保障されて行くよう国家・国民のすべてが努力するべき権利である。」

 のじゃないかとおもうんだな。

 

 努力して獲得したものは、努力なしでは永続しないと思うのだ。

 だって、基本的人権なんか、政治家にとっては邪魔なだけだもん。




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking

関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 憲法  97条 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 憲法 97条

人気サイトランキングへ

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。