確定申告を忘れた場合どうすればいい?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

確定申告を忘れた場合どうすればいい?

 皆さん確定申告はすみましたか?

 『めんどくさいから、確定申告なんてしない。ばれっこないし』なんて人、罰則の対象になる場合もあるのでご注意。

 いまさら、そんなことを言われても、困るわって人、期間外に確定申告する方法もある。

 わざと確定申告しなかったわけじゃないけど、忘れちゃったのよ!って人も期間外でも確定申告する方法がある。

 犯罪者になるよりか、期間外でも確定申告したほうが結果的には得になる。

 

確定申告が必要な人が確定申告しなかった場合の罰則

「故意の申告書不提出によるほ脱犯」

 2011年度の税制改正で「故意の申告書不提出によるほ脱犯」に対する罰則が創設された。

 「故意の申告書不提出によるほ脱犯」とは、「積極的な所得隠蔽行為は伴わないものの、故意に『納税申告書を法定申告期限までに提出しないことにより税を免れた者』を処罰する規定」と定義されている。

 「故意の申告書不提出によるほ脱犯」には5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金が科せられる。

 

 税務署では、いきなり罰則適応なんてことはしないけど。

 税務署からちゃんと『確定申告されてない』という連絡が来る。

 税務署から『確定申告してないよ。』という連絡がきたら、速やかに確定申告しないと、「故意の申告書不提出によるほ脱犯」で5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金なんて羽目になるかも。

 

申告期限を過ぎて確定申告した場合の税金の加算・無申告加算税

・自主的に期限後申告をした場合の税金の加算

⇒5%。

 

・税務署からの指摘後確定申告した場合の税金の加算

⇒納税額のうち50万円を超える部分・・・20%

⇒納税額のうち50万円未満の部分・・・15%

 

還付金が出るようなケースは税務署も何も言ってこない

 サラリーマンの場合、給与所得以外に20万円以上の所得があった場合、確定申告の必要があるのだが、確定申告しなくても税務署が何も言ってこないケースもある。

 それは、税金が取れないケース。

 要するに、ちゃんと確定申告すれば所得税の還付金が還ってくるケースということ。

 

 本当なら、還付金が出て、とられた税金が還ってくるのに、確定申告しないばっかりに損をしているということになる。

 

期間外に確定申告した場合

 期限後申告であっても、次の要件をすべて満たす場合には無申告加算税がかからない。

 ただし、延滞税の対象にはなる。

 

1 その期限後申告が、法定申告期限から2週間以内に自主的に行われていること。

2 期限内申告をする意思があったと認められる一定の場合に該当すること。

 

 一定の場合とは、次の(1)及び(2)のいずれにも該当する場合をいう。

(1) その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限までに納付していること。

(2) その期限後申告を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと。  

 

 期限後の申告確定申告書や税金の納付書の用紙は税務署に用意されている。




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking

関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 確定申告  確定申告を忘れた  確定申告をしなかった 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 確定申告 確定申告を忘れた 確定申告をしなかった

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。