介護保険の施設サービスも医療費控除の対象となる/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

介護保険の施設サービスも医療費控除の対象となる

 介護保険の施設サービスも医療費控除の対象となる。

 今回は介護施設に入居している場合の費用のどの部分が医療費控除の対象となるかどうかという話。

 

指定介護老人福祉施設、特別養護老人ホーム、指定地域密着型介護老人福祉施設と医療費控除

・医療費控除の対象となる費用

⇒施設サービスの対価(介護費、食費及び居住費)として支払った額の2分の1に相当する金額

⇒おむつ代は介護サービス費用の中に含まれ、介護保険給付の対象となり、自己負担額が医療費控除の対象になります。

 

・医療費控除の対象とならない費用

⇒1日常生活費、 2特別なサービス費用

 

 

介護老人保健施設と医療費控除

・医療費控除の対象となる費用

⇒施設サービスの対価(介護費、食費及び居住費)として支払った額。

⇒個室等の特別室の使用料(診療又は治療を受けるためにやむを得ず支払うものに限る。)は医療費控除の対象となります。

⇒おむつ代は介護サービス費用の中に含まれ、介護保険給付の対象となり、自己負担額が医療費控除の対象になります。

 

・医療費控除の対象とならない費用

⇒1日常生活費 、2特別なサービス費用。

 

 

指定介護療養型医療施設、療養型病床群等と医療費控除

・医療費控除の対象となる費用

⇒施設サービスの対価(介護費、食費及び居住費)として支払った額。

⇒個室等の特別室の使用料(診療又は治療を受けるためにやむを得ず支払うものに限る。)は医療費控除の対象となります。

⇒おむつ代は介護サービス費用の中に含まれ、介護保険給付の対象となり、自己負担額が医療費控除の対象になります。

 

・医療費控除の対象とならない費用

⇒1日常生活費 、2特別なサービス費用

 

 

医療費控除の対象とならない日常生活費とは?

 日常生活費とは、理美容代やその他施設サービス等において提供される便宜のうち、日常生活においても通常必要となるものの費用。

 

 

施設入居の費用を医療費控除として確定申告するには?

 施設等が発行する領収書に、医療費控除の対象となる金額が記載されているので、その金額を医療費控除の金額として確定申告する。

 高額介護サービス費として払戻しを受けた場合は、その高額介護サービス費を医療費の金額から差し引いて医療費控除の金額の計算をする。

確定申告して医療費控除を受けることで、所得税の還付を受けられるだけでなく、前年度の所得が減って住民税も安くなるかも。




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking

関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 確定申告  医療費控除  控除  介護保険  施設 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 確定申告 医療費控除 控除 介護保険 施設

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。