法定相続人の範囲ってどこまで?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

法定相続人の範囲ってどこまで?

 相続税の話の前に、相続人の話をちょっと。

 法律で決められている相続人(法定相続人)ってどんな人たちなんだろう?

 

法定相続人の範囲

1、配偶者(内縁の妻、愛人は対象外)

2、直系卑属(ひぞく)⇒実子、養子、内縁関係愛人関係にある人との子供

 養子については、相続税法上では被相続人に子供がいる場合、法定相続人としては1人だけが税金の控除対象として認められ、子供がいない場合は、2人まで税金の控除対象として認められる。

 非嫡出子については、現在の法律では、嫡出子(正式な婚姻関係による子供)の1/2の相続権しか認められていない(今年の最高裁では、違憲判決が出たので、今後は変わるかもしれない)。

 

3、直系卑属(ひぞく)⇒子供がすでに亡くなっている場合孫、孫もすでになくなっている場合ひ孫(子の一人が亡くなっていて、他の子供が生きている場合でも、代襲相続の対象となる)

 

4、直系卑属(ひぞく)がすべていない場合、父母(直系尊属)

 

5、直系卑属がすべていない場合で、父母もいない場合祖父母

 

6、直系尊属、直系卑属ともいない場合兄弟姉妹

 

7、直系尊属、直系卑属兄弟姉妹ともいない場合兄弟姉妹の子供(甥姪)

 

*再婚した相手の子供は、養子縁組をしなければ法定相続人とならない。

*遺言状と法定相続では、遺言状のほうが優先される。

 

 

配偶者の法定相続分とそのほかの相続人の相続割合

 法律的には、配偶者の相続分が一番多くなる。

 例)配偶者と子供⇒配偶者1/2、子供1/2÷人数

 例)配偶者と父母⇒配偶者2/3、父母は残り分

 例)配偶者と兄弟姉妹⇒配偶者3/4、兄弟姉妹は残り分

 例)配偶者がすでになくなっている場合⇒すべて子供(子供も亡くなっていれば、孫、孫もなくなっていればひ孫)

 




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 相続  相続人  法定相続人 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 相続相続人法定相続人

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード