竜巻被害の補償に被害後の写真は必需品/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

竜巻被害の補償に被害後の写真は必需品

 最近大雨や竜巻の被害の話が多い。

 地震の場合は、火災保険に特約をつけていないと保証されないが、果たして竜巻は?

 竜巻の被害、補償してくれる保険はあるのか?

 

竜巻は風災なので火災保険で補償対象

 竜巻は風災として扱われる。

 なので火災保険で補償対象になる。

 ただし、飛んできた物が衝突した場合、火災保険では補償されない。

 要は、竜巻そのもので建物の被害を受けた場合は、火災保険の補償対象。

 が、風で飛んできたものでの被害は、火災保険の対象外。

 うーん、そんなの区別つくのか???

 

 とはいえ火災保険に入ったときに、同時に特約などを契約している場合がほとんどなので、契約内容によっては、飛んできたもので被害を受けた場合でも補償される可能性はある。

 免責金額が設定されている場合や古い保険だと、再調達価額ではなく時価額補償してくれないケースもある。

 

自動車が竜巻の被害を受けた場合は?

 自動車の場合は自動車保険に付帯する車両保険に加入していれば、損害は補償される。

 自動車保険に車両保険をつけていないと竜巻被害で自動車が壊れても補償されない。

 

国からの補償

 竜巻被害の場合、国からも自宅が全壊した世帯に最大300万円が支給される制度がある。

 条件はなかなか厳しい。

 国からの補償の条件は「全壊家屋が市町村ごとに10棟以上ある」こと。

 今回の竜巻で支給対象となったのは11世帯が全壊した越谷市だ。

 自治体の大きさにもよるので、市町村ごとに10棟以上というのはどうもおかしい気がするのだが、決まってることなので・・・。

 

竜巻被害にあったら

 竜巻の被害に遭ったら、何はともあれ被害状況を写真に撮ること。

 保険金査定の際、あと片づけが終わっていて、被害の証明ができないことが多いそうだ。

 災害時に写真の取れる携帯電話は必需品・・・。

 




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 竜巻  補償  自然災害  火災保険  自動車保険 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 竜巻 補償 自然災害 火災保険 自動車保険

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。