保険会社が破綻したら、お金と保障はどうなる?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

保険会社が破綻したら、お金と保障はどうなる?

 加入していた保険会社が倒産した場合、保険金などの保障はどうなるんだろう?

 銀行の預金などの場合は、預金保険機構によって、1金融機関ごとに、元本1000万円とその利息までが保護されている。

 ちなみに決済用預金は全額保護。

 では?保険の場合はどうなるの?

 

保険会社が破綻した場合の保護制度・保険契約者保護機構

 保険契約者保護機構には、生命保険契約者保護機構と損害保険契約者保護機構の2つがある。

 

1、生命保険契約者保護機構

 全ての保険契約において、責任準備金の90%を補償

 

2、損害保険契約者保護機構

 自動車保険、火災保険などは、破たん後3ヶ月間は保険金を全額支払い(補償割合100%)、3ヶ月を過ぎたら補償割合80%。

 医療保険、介護保険などの保険契約は、補償割合90%。

 自賠責保険、地震保険などは補償割合100%。

 ただし、保険契約を救済保険会社に引き継ぐときに、予定利率(生命保険の契約時に約束する運用利回り)が引き下げられたり、責任準備金が削減されたりする可能性がある。

 保険金が減額されることもある。

 

責任準備金とは?

 保険会社が保険契約者が払い込んだ保険料を、将来の支払い(解約返礼金、満期返戻金等)のために積み立てているもの。

 

 って、ことで、生命保険の場合は、損をするのは確実。

 




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 保険  保護  保険金 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 保険 保護 保険金

人気サイトランキングへ

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。