介護福祉士の資格も取ろう・介護の職場にいるなら今がとり時/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

介護福祉士の資格も取ろう・介護の職場にいるなら今がとり時

大カテゴリ:・お金のため方小カテゴリ:絶対役に立つ資格

 介護福祉士の資格も職場に困らない資格の一つ。

 ヘルパー2級(介護職員初任者研修修了者)をとったら、介護福祉士の資格も取ろう。

 平成27年1月までの介護福祉士受験は実務経験のみでも受験できる。

 今回のお話は1、介護福祉士になるには・現在の資格試験、2、介護福祉士になるためには・平成28年1月試験から、3、実務経験と認められないケースの3つ。

 

 ヘルパー2級(介護職員初任者研修修了者)の資格のみではパートでしか雇わないという施設や病院も多いが介護福祉士の資格があればほぼ正社員になれる。

 ただ、介護ヘルパーの会社などの中には、会社といえないようなところもある。

 まあ、いわゆるブラック企業もあるので注意しよう。

 

 で、この介護福祉士の資格、収得の制度が平成27年度(平成28年1月試験)からかわる。

 

1、介護福祉士になるには・現在の資格試験

・実務経験(3年以上、実働日数が540日以上)のみで国家試験の受験資格を得ることができる。

 極端な話、ヘルパー2級(介護職員初任者研修修了者)でなくとも介護の仕事をしている人であれば介護福祉士の受験資格がある。

 連続していない複数の実務経験を合算することも可能。

 

・養成施設修了で資格を取得が可能(所定の養成所を卒業すれば国家試験を受ける必要が無い)

 

2、介護福祉士になるためには・平成28年1月試験から

・実務経験ルートは、「実務経験(3年以上、実働日数が540日以上) + 実務者研修(450時間)」が国家試験の受験資格となる。

 極端な話、ヘルパー2級(介護職員初任者研修修了者)でなくとも介護の仕事をしている人であれば介護福祉士の受験資格がある。

 連続していない複数の実務経験を合算することも可能。

 

・養成施設修了者も国家試験を受験し、合格しなければ、介護福祉士資格を取得出来ない。

 

 この介護福祉士の受験資格改正は、本来、平成24年度(平成25年1月試験)からの予定だったのだが、3年間実施が延長されたもの。

 

 介護福祉士になろうと思って、ヘルパーとして今働いている人で、国家試験の受験資格を満たしている人は『そのうち取ろう』なんて思ってないで、すぐにでも受験勉強を始めたほうがいいかも。

 いま、働いていて平成27年1月までの受験に間に合う人は、平成24年1月26日以前に介護の仕事に付いた人。

 

 ただし、介護の実務経験と認められない職場・職種もあるので職場に確認するように。 

 

3、実務経験と認められないケース

1)社会福祉施設の生活支援員(生活指導員)、生活相談員などの相談援助業務を担当する者。
*障害者総合支援法関係の施設・事業において業務分掌上介護等の業務を行なうことが明記された、主たる業務が介護等の業務である者を除く。

 

2)児童指導員
*保育士として入所者の保護に直接従事した後児童指導員となり、その後も引き続き同じ内容の業務に従事している方を除く

 

3)心理指導担当職員、作業指導員、職業指導員

 

4)社会福祉施設や病院・診療所の、 医師、看護師、准看護師 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの機能訓練担当職員(当該業務を補助する方を含む)。

 

5) 介護支援専門員、調理員、栄養士、事務員、運転手、計画作成担当者 。

 

6)法人の代表者、施設長、所長など代表者
*代表者が介護等の業務に従事している場合は、その期間と日数は対象になる。




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking

関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 資格  ヘルパー2級  介護職員初任者研修修了者  介護福祉士 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 資格 ヘルパー2級 介護職員初任者研修修了者 介護福祉士

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。