ボーナス支給の原則って?/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

ボーナス支給の原則って?

 『ボーナスをもらったら、転職しよう』と考えてる人、ボーナスの支給日まで退職の申し入れを待つのがとくか?はたまた、ボーナス支給日前に退職を申し入れるのがとくか?

 会社の就業規則によっては、ボーナス支給日前に退職を申し出ると今いる会社のボーナスの支給額に響くこともある。

 逆に、ボーナス支給日まで退職の申し入れを待つことで、転職先への入社が遅れて次のボーナスの支給に響く可能性もある。

 どっちがとくかよく考えてから退職を申し入れないと思惑と違った羽目になることもある。

 

ボーナス支給の原則

 どこの企業でも、共通しているのは『算定期間の勤務成績などに応じて支給額が決定される。
算定期間に勤務していれば、通常は賞与の支給対象者となりる。』

 

問題は就業規則

・就業規則等に「支給日に在籍している者に対して賞与を支給する」という定め(「支給日在籍」条項)がある場合には、支給日前に退職すると賞与は支払われない。

・支給額が経営者の判断によって決められる場合には、賞与支給日前に退職の意思表示をすることで、支給額が少なくなる場合がある。
 就業規則で、賞与に関する規則が定められている場合は、満額支給される場合もある。

・支給日に有給をとっている場合、基本的には、在職中と認められるので、ボーナス支給の対象となる。

 

転職先の賞与算定期間も考えよう

 今いる会社のボーナスにこだわって、転職先のボーナスをもらえないってケースも考えられる。

 ボーナスの支給条件は、『算定期間に在籍している』こと。

 ボーナスをもらってから転職すると、算定期間が足りないってことで、転職先のボーナスがもらえない可能性もある。

 特に、夏のボーナスより、冬のボーナスのほうが額が大きいという企業も多いから、『夏のボーナスにこだわって、冬のボーナスがもらえなかった』なんてことになったら、悲劇だ。




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: ボーナス  支給 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: ボーナス 支給

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。