クレジットカードと住宅ローンの審査/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

クレジットカードと住宅ローンの審査

 住宅ローンを組もうと考えている人、住宅ローンには審査がある。

 

一般的に住宅ローン審査の基準といわれているもの

1. 給与所得者であり職場の健康保険・社会保険の被保険者であること

2. 勤続年数が、1年から3年以上であること

3. 申し込み時、年齢が60歳未満であること

4. 保証会社の保証を受けることができること

5. 年収に対する年間返済額の割合がおおむね30%以内であること

6. 全ての借入金の返済に遅れがないこと

 

 というのが一般的によく知られている住宅ローンの審査の条件。

 でも、上の条件をクリアできても、住宅ローンの審査を通らないって人もいる。 

 では、住宅ローンの審査に通りにくい人とは?

 

住宅ローンの審査が通らない原因

1、消費者金融に借入金のある。

2、全てのローン返済に対して、過去に「延滞」が発生している場合。

3、クレジットカード保有枚数が多い。

 

 1の『消費者金融に借入金のある人』は、誰でも納得できる話。

 2の『すべてのローン返済に対して、過去に「延滞」が発生している場合』の中には、ローンだけでなく、クレジットカードの引き落としや分割払いで購入するもののすべてが対象となる。

 見落としがちなのが、携帯電話などの分割払い。

 携帯電話の分割払いの残金は、借入金に含まれる。

 もちろん、支払いが滞ったばあいは延滞とみなされる。

 

 3のクレジットカードの保有枚数は盲点という人が多い。

 クレジットカードの保有枚数が多いと住宅ローンの審査が通りにくいのはなぜか?

 

クレジットカードの保有枚数が多いと住宅ローンの審査が通りにくいのはなぜか?

 銀行のクレジットカードに対する考え方は『クレジットカードのキャッシング枠使って、将来お金を借りる危険性がある』というもの。

 このため、銀行はクレジットカードのキャッシング額を借入金希望額から差し引く。

・ローン借入希望額-(カード1枚ごとのローン・キャッシング枠の最大額×クレジットカードの所有枚数)=実際のローン可能額

 という計算。

 ただし、最近は、クレジットカードの保有の占める住宅ローン審査の重要性が少しだけ緩和されているらしい。




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 住宅ローン  クレジットカード 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 住宅ローン クレジットカード

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。