末期がんの治療より自分らしい人生最後の時間を選んだ医師/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

末期がんの治療より自分らしい人生最後の時間を選んだ医師

 以前、『癌で死ぬのは悪くない』という話を書いた覚えがあるのだが」、こちらは、神戸市のある病院の医師の話。

 神戸市「新須磨リハビリテーション病院」院長の神代尚芳医師(67)。
 これまで約200人のがん患者を看取ってきたという神代医師。
 そんな彼が今、末期の肺がんに侵されているという。
 がんが見つかったのは、昨年5月のこと。
 手術は、親友の医師により7月に行われた。
 だが現在、神代医師は抗癌剤や放射線治療などの治療を行なっていない

 神代医師いわく「『大細胞型』のがんは抗がん剤が効きにくく、放射線治療も効果がないんです。だから、もう対応のしようがない。飲んでいるのも胃腸薬ぐらいです。」
 「もちろん何でも放置すればいいというわけではないですよ。でも手遅れなのに手術を重ね、辛い治療を続けることで“最期の時間”を犠牲にしている人も多いんです」

 「『死ぬことはこの世から消えてしまうこと』だと考えると耐えられないほど恐ろしい。
 でも『死は人生を完成させるもの』と思えば、怖くなくなる。
 つまり充実した最期をもって人生を完成させるということです。
 そのためには、管理された病院で死ぬのではなく、自宅などの自由でいられる場所で最期をすごす必要があるんです」
By女性自身

 元ねたが女性週刊誌ねたで恐縮だが・・・。     

 さて、皆様、いかが考える?

 管理人は、前にも言ったように『自分の最後は自分で選びたい』

 本当に効果のある治療(無駄な治療ではないのか?)なのかどうか見極めるのは大変だけど。

 いやそれ以前に、きちんと癌の痛みのコントロールができるような医者を探すほうが大変かも。

 




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク:    治療 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 治療

人気サイトランキングへ

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。