所得税と住民税の控除の違い/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

所得税と住民税の控除の違い

 以前にも、所得税がゼロでも、住民税はゼロにならないという話を書いたのだが、今回は、所得税と住民税の控除の違いを表にしてみた。

 

所得控除の種類 所得税の控除額 住民税の控除額 備                考
生命保険料控除 10万円(最高) 7万円(最高)
地震保険料控除 5万円(最高) 2万5千円(最高)
障害者控除

27万円(40万円)

※同居特別障害者は75万円

26万円(30万円)

※同居特別障害者は53万円

( )は特別障害者の場合

 

寡夫控除 27万円 26万円
寡婦控除 27万円(35万円) 26万円(30万円) ( )は特別の寡婦の場合
勤労学生控除 27万円 26万円
扶養控除(一般) 38万円 33万円
扶養控除(特定) 63万円 45万円

扶養控除

(同居老親以外の老人)

48万円 38万円
扶養控除(同居老親) 58万円 45万円
配偶者控除(一般) 38万円 33万円
配偶者控除(老人) 48万円 38万円
配偶者特別控除 38万円(最高) 33万円(最高)
基礎控除 38万円 33万円

 

 こうやって見ると、だいぶ、控除額に差がある。

 住民税のことを考えると、『所得税がゼロになった』『還付金がでた』で安心せず、できるだけ、控除できる分は控除したほうがいい。

 特に、ここに乗ってない医療費控除や寄付金控除・配当控除など目いっぱい控除を積み重ねないと、『住民税(の所得割合)が思いのほかかかってしまった』なんてことになるので、ご注意。

 ネット検索をすると、『住民税の計算ができるサイト』もたくさんある。

 今年、うっかりしてしまった人は、来年の確定申告の時にはご注意。

 




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking
関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 所得税  住民税  控除 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 所得税 住民税 控除

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。