株取引の確定申告・必要な人と確定申告したほうが得になる人/得するお金・法律・保険と保障制度!

 過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気サイトランキングへ

株取引の確定申告・必要な人と確定申告したほうが得になる人

 株の売買をしている人確定申告が必要なのに確定申告してないなんて人はいないだろうか?

 確定申告の必要がなくても確定申告したほうが得になる人もいる。

 

証券会社の口座はどうなっている?

 証券会社では、特定口座(源泉徴収あり)・特定口座(源泉徴収なし)・一般口座のいずれかの口座で取引を行っているはず。

 それぞれの口座によって、税金の取り扱いが違ってくる。


特定口座(源泉徴収あり)・特定口座(源泉徴収なし)・一般口座

・特定口座(源泉徴収あり)

 特定口座(源泉徴収あり)の場合、“年間取引報告書”は証券会社が作ってくれる。

 儲けに対して税金を源泉徴収税として天引きし、税金は証券会社が払っておいてくれるという形式。

 同一の証券会社の場合、株の売買の損も利益も通算して税金を払ってくれるので便利。

 

・特定口座(源泉徴収なし)

 特定口座(源泉徴収なし)の場合“年間取引報告書”は証券会社が作ってくれまる。

 税の徴収はないので、確定申告を行う必要がある。

 

・一般口座

 一般口座の場合、すべてを自分でします。

 確定申告は自分で行います。

 証券会社で“年間取引報告書”を作成してくれないため、一年間の売却損益を個別に自分で計算しなければいけません。

 


特定口座(源泉徴収あり)で確定申告すると得になるケース

 特定口座(源泉徴収あり)の場合、基本的には確定申告の義務が無い。

 が、 複数の証券会社を使っていて、Aの証券会社では利益が出たが、Bの証券会社では損をしたという場合には、確定申告をするとA社の株の利益とB社の株売買の損を通算することができる。

 

株取引・トータルで損が出た場合は、確定申告したほうがいい

 1年間の株取引で損が出た場合、確定申告をしたほうが得になる場合がある。

 株の損は翌年以降の3年間繰り越すことができる。

 来年の株取引がプラスになったら、繰り越した分の損と合わせて確定申告し、利益を縮小できるので、翌年の所得税を減らすことができる。

 

 ちなみに、株式の配当なども確定申告したほうが有利な場合がある。

 配当には、配当控除という控除(総合課税として申告する)と株の損益と通算して確定申告する方法(分離課税)があるのだ。

 分離課税として配当金を確定申告すると株と配当金の税金を差し引きできる。

 配当金の場合、総合課税としての申告と分離課税としての申告を同時にすることはできないので、どちらがとくかはケースによって考えよう。




お気に召したらクリックしてね⇒FC2 Blog Ranking

関連記事

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク:  損益  売買  確定申告  損益の繰越 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: 損益 売買 確定申告 損益の繰越

人気サイトランキングへ

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ



年会費永年無料の楽天カード

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。