過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

スポンサーサイト

大カテゴリ:小カテゴリ:スポンサー広告
スポンサーサイトの続きを読む

銀行と証券会社NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)の違い

 銀行のNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)の取引口座開設と証券会社のNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)の取引口座開設はどこら辺に違いがある?   同じNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)といっても、銀行と証券会社では投資できる金融商品に違いがある。  今日は、銀行と証券会社のニーサ口座で購入できる金融商品について。   銀行のNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)取扱商品 ・投資信託 &n...銀行と証券会社NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)の違いの続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 銀行  証券会社  NISA  ニーサ  少額投資非課税制度 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

銀行の投資信託は安全か?「投資者保護基金の保護対象ではない」ってどういうこと?

 金融機関の垣根が低くなって、銀行でも証券会社のように投資信託の販売ができるようになって、結構長い時間がたつ。  銀行の販売する投資信託と証券会社の販売する投資信託どこが違うんだろう?  同じものなのかな?    どうも調べてみると、投資信託そのものは、販売がどこの金融機関であろうとたいした違いはない。  販売手数料・取り扱っている投資信託などは、各金融機関によって違うけど。    銀行の...銀行の投資信託は安全か?「投資者保護基金の保護対象ではない」ってどういうこと?の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 銀行  証券会社  投資信託  投資者保護基金   

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

個人向け国債購入キャンペーンどの証券会社がお得?

 現在販売中の証券会社の個人向け国債キャンペーン、それぞれの証券会社によってキャンペーン内容が違っている。  預け入れ最低金額が少ないのが、SBI証券。  キャッシュバックが大きいのが、大和證券・野村證券。  証券会社 最低購入金額  対象債券  キャンペーン概要  キヤッシュバックの上限  SBI証券  50万円 個人向け復興国債 変動10年・固定5年・固定3...個人向け国債購入キャンペーンどの証券会社がお得?の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 個人向け国債  国債  キャッシュバック  キャンペーン  証券会社 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

証券会社への即時入金銀行対応一覧

大カテゴリ:・投資と預金の種類を知る小カテゴリ:金融機関小話
 証券会社への入金方法はいろいろあるが銀行からインターネットバンキングを通じて、即時に証券会社へ入金できる即時入金は利便性が高い。  証券会社の即時入金サービスなら、即日に振込手数料無料で対応する銀行から証券会社へお金の移動ができる。  24時間即時入金できるとは限らないが、ほぼ早朝から深夜まで利用できる。     証券会社  即時入金対応銀行  SBI証券   住信SBIネ...証券会社への即時入金銀行対応一覧の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: お金  銀行  証券会社  証即時入金 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

簡単便利・証券会社・インターネット口座の個人向け国債購入の手続き

 ゆうちょ銀行で個人向け国債の購入手続きをすると、同じような書類を毎回何枚も書いて購入手続きをしないといけない。  ゆうちょ銀行の購入手続きにかかる時間は最低でも毎回30分くらいかかる。    証券会社のインターネット口座なら個人向け国債購入の手続きに5分とかから無い。    証券会社で個人向け国債を購入する場合、証券会社のインターネット口座があり、資金がインターネットの講座にあれば、非常に簡単に国債...簡単便利・証券会社・インターネット口座の個人向け国債購入の手続きの続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 個人向け国債  国債  証券会社  購入手続き  インターネット口座 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

住信SBIネット銀行ハイブリット預金の口座開設・利用の仕方

 今日は、SBI証券で、個人向け国債変動金利10年ものを購入予約した。  SBI証券で国債や投資信託を購入しようと思った場合、当然、資金が必要になる。  この、SBI証券での国債・投資信託の購入資金、銀行から振り込むわけだが、住信SBIネット銀行に口座を持っていた場合、住信SBIネット銀行ハイブリット預金がそのまま購入資金に使うことができる。  住信SBIネット銀行のハイブリット預金は、普通預金より金利が高...住信SBIネット銀行ハイブリット預金の口座開設・利用の仕方の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 証券会社  銀行  個人向け国債  投資信託  ハイブリット預金  口座連携サービス  即時入金システム   

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

同じ投資信託でも、証券会社や銀行によって販売手数料は違う

  投資信託の内容は、同じファンド名であれば、どこも同じだが、販売手数料は、各証券会社によって違う。  全部じゃないけど、ネット証券のほうが、実店舗のある証券会社のほうが販売手数料が安い場合が多い。  ネット証券同士でも、投資信託の販売手数料の違いがあるのはちょっとびっくり。  昨日、今まで使っていたネット証券とSBI証券の販売手数料を比べてみたら、小額購入の場合SBI証券の方が販売手数料...同じ投資信託でも、証券会社や銀行によって販売手数料は違うの続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 投資信託  金融機関  証券会社  銀行  販売手数料 

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

銀行で買う投資信託は安心か?

 投資信託はどこで買う?  投資信託というくらいだから、証券会社?  もちろん証券会社でも買うことができる。  が、最近は、銀行でも投資信託を購入することができるようになっている。 証券会社で購入する投資信託と銀行で購入する投資信託の中身は同じ  証券会社で購入しても、銀行で購入しても、同じ名前の投資信託であれば、中身は同じ。  組み入れられている、株式や債券などはまったく同じだし、...銀行で買う投資信託は安心か?の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 投資信託  購入  銀行  証券会社  安心 

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

銀行預金と証券会社の資金を結ぶハイブリット預金の意味

  住信SBIネット銀行と住信SBI証券、大和ネクストと大和證券、楽天バンクと楽天証券というように、最近では、銀行の預金と証券会社の購入費用をリンクさせているようなケースが目立つ。  住信SBIネット銀行の場合、証券会社との資金のやり取りに使われているのが、ハイブリット預金といわれるもの。 住信SBIネット銀行のハイブリット預金の特徴 ・ 預金保険制度の対象。  普通...銀行預金と証券会社の資金を結ぶハイブリット預金の意味の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 銀行  証券会社  資金  ハイブリット 

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

投資信託ってどんなもの

  投資信託ってどんなもの?  複数の株や債権を組み合わせてファンドを作り、それを小額の金額で大勢の人間が買う。  個別の株などを買おうとすると、大きな資金が必要だが、投資信託の場合、数十万から数千円で買うことができる。  これが投資信託。  投資信託にもいろいろある。  構成する要素による投資信託の区別 ・株式を中心にファンドを組んでいるもの ・債券(国債や社...投資信託ってどんなものの続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 投資信託  お金  証券会社 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。