過去記事の検索は、こちらから↓

カスタム検索

相続税の改正で、相続税は27年度からどうなる

 相続税の対象者が平成27年から大幅に増えるといわれるている。  なぜ、相続税の対象者が増えるのか?  それは、平成27年から相続税の控除額が大幅に縮小される予定だから(拡大されている部分もある)。  この相続税の控除の縮小、本来はすでに実施されているはずだったのだが、東日本大震災で実施が遅れることになったとか。   現行の相続税の控除 ・基礎控除 =5000万円+(1000万円×法定相続人の数) ・配偶者...相続税の改正で、相続税は27年度からどうなるの続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 税金  相続  相続税  控除 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

死亡保険金は減税になる?

 消費税増税が予定されているが、死亡保険金への相続税は軽減される予定のようだ。  “ 政府・与党は、世帯主が亡くなった時に、配偶者や子供が受け取る死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。 夫が病死し、妻や子供が残されたような家庭を支援する。相続税の対象となる保険金のうち、非課税にできる金額を配偶者や未成年の子供の人数に応じて増やし、多くの保険金が手元に残るようにする。 24日までにまとめる...死亡保険金は減税になる?の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 税金  相続税  死亡保険金 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

小規模宅地等の特例 が使えないケース

 小規模宅地等の特例 が使えないケースで『終身利用権付きの有料老人ホームなどで親が亡くなると言うケース』と言う話を書いたけど、有料老人ホームでなくても、こういうケースは存在する。  親は自宅に生活していなかった(居住していなかった)とみなされるケースとして考えられるのは、『自宅から施設に住所を変更している場合』。    さるホームページに、特別養護老人ホームは大丈夫と書いてあったページがあったが・...小規模宅地等の特例 が使えないケースの続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 相続税  お金    税金  不動産  減額  親との同居 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

親と同居していれば、相続する宅地の税金が安くなる

 親との同居は、面倒なことも多いが、税金面からはメリットが多い。  例えば、70歳以上の親との同居なら、親を扶養家族にした場合、一人頭58万円の所得税控除がつく。  両親ともに70歳以上なら、58×2で100万円以上得だ。  これが別居だと、片親に付48万円。  両親ともに扶養家族にした場合20万円も所得税の控除額が違ってくる。  住民税でも控除されるから、メリットは大きい。    所得税だけでなく、相続対策として...親と同居していれば、相続する宅地の税金が安くなるの続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: お金  税金  不動産  相続税  減額  親との同居 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

普通養子と特別養子の相続

大カテゴリ:・社会保障で得しよう小カテゴリ:その他の法律・制度
 普通養子と特別養子の相続についてちょっと見てみよう。 普通養子と相続 普通養子の場合、実の親との親子関係は存続する。  そのため、実の親の相続人にもなりうるし、養子先の相続人にもなりうる。  が、普通養子の場合、法定相続人になることができる養子は、、実子がある場合には1人、実子がない場合には2人までとされている。    ちなみに、養子が死亡した場合、養い親も実の親も、養子の財産の相続...普通養子と特別養子の相続の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 養子  養子縁組  特別養子  普通養子  相続  相続税  法定相続人 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

葬式代も税金の控除対象になる

  葬儀費用は、相続税の控除の対象となるらしい。 相続税の控除の対象となる葬儀費用 (1) 死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった費用 (2) 遺体や遺骨の回送にかかった費用 (3) 葬式や葬送などを行うときやそれ以前に火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用(仮葬式と本葬式を行ったときにはその両方にかかった費用。) (4) 葬式などの前後に生じた出費で通常葬式などに...葬式代も税金の控除対象になるの続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 葬儀  控除  相続税  税金 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

生命保険には、500万円まで税金がかからない?

 生命保険は、税金対策になるのか?  ・ 生命保険金は、「500万円×法定相続人数」が非課税とされている  ほー、そうなの?  配偶者の相続税の控除は1億6000万円まで。  そして、1億6000万円を超えても、法定相続分までは、相続税はかからない。  なので、配偶者の場合、相続税はたいていはかからないことが多いらしい。  で、この、生命保険の非課税分を子供を受取人にしておくと、子供の分...生命保険には、500万円まで税金がかからない?の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 生命保険  相続税  非課税  法定相続人 

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

相続税・幾らから払う?

  管理人には、関係ないなあと思うもののひとつが相続税。  だって、相続税の対象になるほど、多分家の両親は、財産無いだろうと思うし。  確証は無いけど。 相続税の基礎控除 ・5000万円+1000万円×法定相続人の数  ということで、この金額以上の財産がある人は、相続税の対象になる。  さらに、相続税には、他にもいろいろと控除が付く。 相続税の各種控除 ・配偶者控...相続税・幾らから払う?の続きを読む

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: 相続税  相続  配偶者  法定相続人 

テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー


得するお金・法律・保険と保障制度!カテゴリ

得するお金・法律・保険と保障制度!RSSリンクの表示
最新記事

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード